医療従事者ご利用方法精子ストローの取扱い方法

    精子ストローの取扱い方法

    ここでは、Cryosから配送された精子ストローの取扱い方法についてご案内します。プロセス全体を通じて精子の品質を保証するために、この取扱い方法に従っていただけますようよろしくお願いいたします。


    精子ストローを受け取りましたら、以下の3ステップに従ってください:

     

    1. 荷物の中身が損傷していないことを確認する
    2. 凍結されたストローを他の凍結設備に移動する場合、融解を防ぐためにストローを素早く移動させる(数秒以内)ことが重要です
    3. ドナーIDを確認する。ストローに記載されている最初の数字や英文字はドナー番号またはドナー名で、次に記載されている数字が射出液番号です(例:4011-45またはJOHN-15)

     

    ストローを使うための準備

    ステップ1

    ストローを室温に15-20分程度さらし、融解させます。

    顕微鏡での精子分析を行う場合は、いかなる処理・使用も行われていない状況にて、常温にさらし始めて15-20分が経過してすぐのタイミングで行います

    ステップ2

    ストローをアルコールパッドで拭き取り、清潔にします

    ステップ3 アダプター使用時

    ステップ3 アダプター不使用時

    アダプターの太い方の端をシリンジの端に取り付けます

    ストローの両端の封を切り、中身を試験管または容器に全て移します

    ストローのドナーIDが書かれていない方の端の封をハサミで切断(最大0.5cm)し、切り口をアダプターの細い方の端にはめ込みます

     

    梱包品一覧(Packing List)にてストローのタイプを参照し、もう片方の端の切断箇所を確認します

    • 5 ml ストロー:ストロー先端から2.5センチ、ドナーIDの所を切断
    • 4 ml ストロー及び IMV ストロー:ドナーIDの下にあるプラグのすぐ下を切断
     

    シリンジを上に向けておきます。シリンジをゆっくりと引き、ストローの中身をシリンジに流し込みます

     

     

    お問い合わせをお待ちしております

    Cryosの精子ストローの取扱い方法につきご質問がございましたら、ご遠慮なくお問い合わせください。