妊娠可能枠の予約

    多くの国では、1人のドナーから生まれる子供の数に上限が定められており、特定のドナーを使用した妊娠の数や子ども・家族の数を国内で制限しています。これがドナー一人当たりの妊娠可能枠です。いくつかの国では、ドナー一人当たりの妊娠可能枠の予約が購入時に義務付けられています。


    妊娠可能枠の導入に関するお知らせ

    クリオスは2021年8月25日より、日本国内にて弊社ドナー精子をご購入いただくお客様を対象に、妊娠可能枠の仕組みを導入させて頂きます。日本産科婦人科学会のガイドラインは、同一提供者からの出生児数を10名以内に制限しております。弊社は、同一ドナーを使ってご兄弟を持つことを希望する方が多いこと、及び、これまで日本産科婦人科学会が認めていなかった提供精子を使った体外受精が認められる見通しであり、そのガイドラインも今後改訂されることを鑑み、10家族を日本国内での制限とさせて頂きます。お客様には、ドナー精子のご購入またはお取り置きを行って頂く際に、妊娠可能枠もご購入頂きます。

    妊娠可能枠の代金は、以下の通りです(デンマークの場合)。
    身元開示ドナー:350ユーロ
    身元非開示ドナー:200ユーロ

    既にストローをご購入またはお取り置き済みで、当該ストローを使った治療を日本国内で行っている・今後開始される方は、2021年8月1日までにクリオスへご連絡ください。妊娠可能枠を無償でご提供いたします。既に妊娠登録がお済みの方には、妊娠可能枠が無償で付与されておりますのでお手続きの必要はございません。詳細につきましてはご購入実績をお持ちのすべてのお客様にEメールでご連絡いたします。

    8月25日以降に妊娠可能枠をご購入頂いた方が妊娠に至らずに治療を終了される場合、妊娠可能枠の代金をご返金いたします。クリオスのカスタマ―ケア([email protected])に日本語でご連絡ください。

    クリオスは、世界最大の精子・卵子バンクとしての責任を日本においても果たして参ります。ご理解のほど、よろしくお願い申し上げます。

      

      

    ドナー1人当たりの妊娠可能枠の予約について読んでいる妊娠中の女性

    妊娠可能枠の予約は、国全体のドナー一人当たりの妊娠可能枠の中で割り当てを確保しておくための保険となります。また、妊娠可能枠の予約をしておくと、治療中のみならず、将来の(ご兄弟の)治療においても同じドナーの精子を使うことができます。最初の治療から次の治療までの間に、妊娠可能枠が国内で定数に達してしまった場合でも、妊娠可能枠の予約があれば影響を受けません。

     将来、同じドナーを使ってご兄弟を持つことを希望される場合には、ストローのお取り置きをご検討ください。

    お住まいの国で、妊娠可能枠の予約が義務付けられている場合には、ストローを買い物かごへ入れた際に自動的に料金が加算されます。

    価格と返金

    妊娠可能枠の予約にかかる価格は、ドナーの身元開示状況によって異なります。

    妊娠に至らず、ストローや胚も残っていない場合、妊娠可能枠の予約にかかった金額は全額返金されます。

    妊娠可能枠の予約にかかった費用の返金をご希望の方は、マイページにログインしてください