個人のお客様ご利用方法精子提供をめぐる法規制

    精子提供をめぐる法規制

    精子提供や不妊治療に関する法規制は、各国ごとに異なります。ここでは、提供精子を使った不妊治療を計画する際に知っておくべき、また考慮すべき法的問題について説明しますまた、精子提供に関する法規制について、主要国の状況をお伝えします 


    非配偶者間生殖医療を検討する際には、まずどのような選択肢があるのか確認する必要があります。精子提供に関する法規制は国ごとに異なるため、居住する国によって選択肢も異なります。自国における規制が壁となり不妊治療のために国境を越えたり、グレー・マーケットでドナーを探したりするケースも見受けられますしかしながら、個人間での精子提供にはさまざまなリスクが伴い、誰が子どもの法的な親として認められるかなど、法的な問題も生じることがあります。 

    ここでは今日の主要国の法規制と、不妊治療を計画する際に知っておくべき、考慮すべき法律上の論点について、その一部をご紹介いたします。ご自身のケースにおいて、具体的にどのような問題が起こり得るかを正確に把握するために必要に応じてお住まいの地域の関係機関や法律顧問に相談されることをお勧めします。 

     

    ドナー精子を利用して妊娠した女性

    各国ドナー精子利用に関する規制 

    数十年の間精子提供についてよりリベラルな姿勢を示すが増えています。これは前向きな傾向ではありますが、とはいえ、すべての国が婚姻状況や性的指向に関わりなく万人に精子提供を認めているわけではありません。また、国によって、ドナーのタイプに制限を設けている場合もあります。このような制限によってファティリティ(不妊治療)ツーリズムの需要が高まり後に説明するように、自国で不妊治療を受けることができない人々が、子どもを授かるために全性の低い選択肢をぶ結果につながっています。 

    一部の国についてナー精子を用いた治療に関わる法規制以下にとめました治療に関する規制国によってどう違うかご理解いただけると思います。 


    主要国におけるドナー精子のに関する規制 

     

    独身女性による利用 

    レズビアンカップルによる利用  

    異性カップルによる  

    ドナーのタイプ  

    デンマーク  

     

     

      

    身元開示・非開示ともに

    ドイツ  

     
    クリニックによ状況は異なる 

     
    クリニックによ状況は異なる
     

     

    身元開示のみ 

    ハンガリー 

     

    × 

     

    身元非開示のみ 

    イスラエル  

     

     

     

    身元開示・非開示ともに 

    オランダ  

     

     

     

    身元開示のみ 

    ポーランド 

    × 

    × 

     

    身元非開示のみ 

    スペイン 

     

     

     

    身元非開示のみ 

    イギリス  

     

     

     

    身元開示のみ 

    上記の表では、限られた国における情報を掲載しています。もしお客様の国が一覧に含まれていない場合、またお客様の国での法規制についてご不明な点がございましたら、弊社のカスタマーケアチームにお気軽にお問い合わせください。 

    ファティリティ・ツーリズム子ども授かるという夢を求めて海外へ

    自国では精子提供を受けることが認められていない場合や、希望するタイプのドナーを選ぶことできない場合、海外で不妊治療を受けることを検討される方もいらっしゃることと思います 欧州ヒト生殖医学会(ESHRE2017年の調査 によると、ヨーロッパで行われている不妊治療の約5%は、国境を越えたリプロダクティブ・ケア(ファティリティ・ツーリズムに該当する推定されています 

    海外で不妊治療を受ける理由としては、以下のようなこと考えれます 

    • 自国では治療が受けられない未婚女性やレズビアンのカップルなど特定の国では治療受けられないケースがある 
    • 長い順番待ちを回避して早く治療を受けた(ドナー不足により、提供を受けるまでの待期期間が長期化している場合がある)
    • より安価治療を受けたい
    • 個人の希望に沿った治療を受けることができる (身元開示身元非開示ドナーの選択や、ドナーの容姿や人柄に関する詳細な情報にアクセスできるなど

    海外で不妊治療を受けることは有効な解決策ではありますがさまざまなリスクも伴いますたとえば、どもの法律上の親として自国で認められるかどうかや、治療を受ける国によっては治療など問題が生じる可能性があります。海外での不妊治療を検討されている方は、どのような選択肢があるかまた、考慮しておくべき事柄について、ぜひクリオスご相談ださい。 

    不妊治療を受けるために海外へ渡航する女性

    グレー・マーケットのリスクについて

    精子提供が制限されているでは、認可精子バンクや個人が精子提供サービスを行っている場合がありこの市場はグレー・マーケット呼ばれています 

    グレー・マーケットは、治療対象となる人大幅な制限を設けているや、精子ドナー数が足りていない国でよく見られす。治療を受けることが難しい場合は子どもを授かるという夢を実現するために、ウェブサイトやソーシャルメディアを通じて精子を提供する個人ドナーを利用するなど、別の方法を検討せざるを得ない状況になるかもしれません。   

    自国で希望する治療を受けることができない場合や、時間的な見通しが立たない場合には、このような方法が魅力的みえることは理解できます。しかし、決断する前に、の決断に伴うリスクを考慮されることを強くお勧めします。公的規制範囲外でサービスを提供している無認可の精子バンクや個人の場合、下にて提供されるサービスと同様の品質や安全性準を満たしていない場合があります。例えば、ドナーのスクリーニングが十分に行われていない、あるいは全く行われていない場合にはあなたやさん病気を移してしまう危険性があります。また、ドナー何人へ精子提供を行っているかについて知ることもできません。 
     

    精子ドナーの親権の有無について

    クリオスの精子ドナーは、自身が提供した精子によって生まれた子どもの父親とはみなされません。デンマークの法律では、ドナーは的な親とはみなされず、経済的な支援を求められることもありません。また、身元開示非開示に関わらずドナー側からは子どもに連絡を取らないことに同意しています。 

    精子提供や不妊治療が、認可された精子バンクや不妊治療クリニック以外で行われ場合は、別の規則が適用される可能性があることに注意してください。認可された精子バンク以外ドナー利用した場合、そのドナー子どもの法的親とみなされる可能性があります。 

    レズビアン・カップルとその子ども

    レズビアンカップルは双方とも法律上の母親認められるか

    精子提供を受けて親になることを検討しているレズビアンカップルあれば、どちらが出産したとしても両者とも等しく生まれた子どもの法的な親して認められるかどうか確認しておきたいことでしょう不妊治療や精子提供に関するさまざまな事柄と同様に、法的な親権の問題もまた、国によって異なります。デンマークやオランダのように、どちらの母親も法律上の親となり、子どもの出生時親権を得ることができる国もあ一方他の国々、例えばドイツでは、分娩を行わなかった側の女性がセカンド・ペアレント・アダプションによりお子さんの養子縁組を行わなければなりません。 また、残念ながら、同性の二人のを持つことが合法化されておらず、レズビアンカップル両者が同時にどもの法的な親になることを認めていない国もあります。  

    この問題に関する国の規制について不明な点がある場合は、ぜひクリオスにお問い合わせください。各国の法的枠組みについてご説明させていただきお客様個々のご事情に照らして、どのような選択肢があるか確認するお手伝いをいたしますお問い合わせはこちらからアクセスできます 

    クリオスと一緒にお子さまを授かるまでの計画を立ててみませんか?

    クリオスは、誰もが親になる権利を持つべきだと考えています。当社のカスタマーケアチームは、お客様のニーズに合った不妊治療を計画するお手伝いをいたします。ご希望を伺いながら、お客様に適した不妊治療をどこでどのように行うべきかご案内いたします 今すぐ無料通話を予約するか、お問い合わせください。
     

    本ページの目的は、ドナー精子の利用に関する法規制の概要や法律上の論点を説明することです。弊社が世界のすべての国における法規制を完全に把握しているというわけではございませんので、国によって例外や法律の変更がある可能性がございます。