偽名ドナーとは?

米国ではマーケティングを目的として仮名が使われていましたが、デンマークではオリジナルの数字が使用されていました。

しかし、2009年の3月1日以来、すべての偽名ドナーは、それぞれの仮名で紹介されるようになり、現在では、ドナーが偽名であるときには、文書で明確に示しています(ドナーの特徴および検査解除)。2009年3月1日以来、クリオスは、番号付きの偽名ドナーは販売しておらず、仮名のドナーのみを販売しています。