クリオス−世界最大の精子・卵子バンク

    クリオスは国際的に事業を展開する精子・卵子バンクとして、世界100カ国以上にドナーの凍結精子・卵子を提供しています。1981年、デンマークでクリオス 創業者Ole Schouが凍結精子に関する奇妙な夢を見たことが弊社創業のきっかけとなりました。それから長い年月が経ちましたが、「子どもを持ちたいと願う人々の夢の実現をサポートする」という理念は創業以来変わっていません。


    クリオス・インターナショナルは世界最大の精子・卵子バンクであり、100カ国以上に提供精子・卵子を発送しています。クリオスのドナーは多様な民族、人種、表現型の人々で構成され、すべてのドナーが厳格なスクリーニングを受けています。私たちの使命は、皆様が親になるための道のりをサポートし、親身で専門的なアドバイスを提供することです。「子どもを持ちたいと願う人々の夢の実現をサポートする」をビジョン及びパーパスとするクリオスにとって、精子・卵子バンクとして世界で最も多くの方の妊娠(報告数ベース)に貢献してきたという実績は大きな価値があります。クリオスについての詳細はこちらからご覧いただけます。

    クリオスの役割

    デンマークにある私たちのラボでは、人々の「子どもを持ちたい」という夢の実現をサポートしたいと願う男性ドナーから精子提供を受けてしています。提供された精子はラボで処理され、不妊治療に使用できる高品質な製品になります。クリオスでは、運動精子の数と品質に応じて、IUI用またはICI用の精子ストローをご用意しています。クリオスのドナー精子はすべて-196℃の窒素タンクで凍結され安全に保管されます。

    クリオスは精子バンクであるため、不妊治療は行っていませんが、不妊治療を専門とするトップレベルのクリニックの広範なネットワークを有しています。医療従事者や個人のお客様は、オンラインの精子ドナー検索によりドナー精子をご注文いただき、クリニックや医療従事者に届けることができます。

     精子バンクを利用する理由とは?

    ドナー精子の需要は以前から高かったのですが、新しい家族形態の普及により、近年さらに大きな広がりを見せています。ドナー精子を用いて妊娠する理由は様々ですが、クリオスを利用する主なグループは、不妊に悩む異性カップル、選択的シングルマザーになることを希望する女性親になることを計画しているレズビアンのカップルなどです。

    クリオスでドナー精子を注文するには?

    クリオスのドナー精子は、オンラインでご注文いただき、不妊治療クリニックへお届けすることが可能です。すべてのドナーのプロフィールをオンラインでのドナー検索でご覧いただけます。クリオスでは、身元開示ドナー及び身元非開示ドナーを提供しており、基本プロフィールまたは詳細プロフィールをご覧いただけます。

    ドナー精子の価格は、お選びいただいたドナーのタイプと精子の品質によって異なります。

    クリオスの概要

    • 世界最大の精子・卵子バンク
    • 世界100カ国以上に供給
    • 1987年、創業者Ole Schouがデンマークのオーフスにて設立
    • デンマーク、キプロス、米国に拠点を置く
    • 全世界の従業員数は170名以上
    • 身元開示ドナーおよび身元非開示ドナー、ドナーの基本プロフィールおよび詳細プロフィールを提供

     

     

    クリオスが選ばれる理由とは?

    30年以上の実績を有するクリオスでは、カスタマーケア・コンサルタントが親になるまでの道のりを一歩一歩丁寧にサポートいたします。クリオスでは14カ国語以上での対応が可能であり、不妊治療に必要なドナー精子と卵子を国内外にお届けしています。

    クリオスは、品質、コンプライアンス、安全性を重視し、品質管理に関する国際規格ISO 9001:2015を取得しています。さらに、社内に品質管理部門と法務部門があり、最先端のラボを有しています。

    私たちは、ドナー、お客様とそのご家族、当社で働くスタッフをクリオス・ファミリー(#CryosFamily)と考え、大切にしています。当社を訪れるすべての人が歓迎され、安心できる環境を作り、常に最高品質の献身的なサポートとガイダンスを提供できるよう尽力しています。

    クリオスは、あなたと心を共にしています。皆様の夢の実現を親身にお手伝いいたします。

    クリオスについて語る社員

    夢から始まった精子バンク

    クリオスは、創業者のOle Schouが1981年に見た奇妙な夢から始まりました。その時点で彼は、まさかその夢が世界最大の精子バンクに発展するとは想像すらしていませんでした。当時を振り返って、彼はこう語っています。

    「それは1981年のある日のことでした。なぜそんな夢を見たのかわかりません。しかしどういうわけか、目を覚ますと凍結精子に関するすべてを知りたいという強い衝動に突き動かされたのです。その日から、私はあらゆる本や論文を読み、それまでほとんど知識がなかったというのに、突然この分野の専門家となりました。

    大学院で経営学を学んでいたことも幸いし、その後、凍結精子に関する知識を基に事業化に成功することができました。人間の精子の凍結・保管プロセスに関する知識を活用し、医師や医療機関との協働を始め、私の仕事と商品は高く評価されました。最初の事業は、凍結精子の保管サービスから始まりました。1990年にはドナー精子提供の仕組みが整備され、世界中からの需要が急速に高まりました。

    その後、卵子のガラス化凍結法という専門技術も提供できるようになり、私たちは、親になりたいと願う、世界中のさらに多くの方々の手助けができるようになったのです。

    こちらのショート・ドキュメンタリーで、Ole Schouとクリオスの創業ストーリーをご覧いただけます。

    クリオスの軌跡

     

    以下にクリオスのストーリーをまとめました。創業から今日に至るまでのクリオスの軌跡をご覧ください。