個人のお客様ブログ精子ドナーがどうして健康であるといえるのか
精子ドナー

精子ドナーがどうして健康であるといえるのか

ドナーになることができるか、精子ドナー候補者のスクリーニングを行う看護師

「精子ドナーがどうして健康であるといえるのですか」これはお客様から最も多く寄せられる質問のひとつです。このブログ記事では、クリオスの精子ドナーは健康であり、当社のドナー精子は不妊治療に安全にご使用いただけるとお客様に納得していただいている理由をご説明いたします。 

精子ドナーになれるのは5~10%だけ

思い立って精子バンクに足を運べば誰でも精子ドナーになれると思っている人がいますが、これは大きな誤解です。クリオスで精子ドナーになりたいと応募する男性のうち、ドナーとして承認されるのはわずか5〜10%です。これは、クリオスに厳格なスクリーニングプログラムがあり、ドナーとして採用されるためには多くの要件を満たす必要があるためです。

ドナーのスクリーニング方法

まずクリオスの医療スタッフが、年齢、リスク行動、精子の質に基づいて、ドナーとなる候補者を選出します。これらの基礎要件を満たした候補者が、クリオスで心身の健康状態に関する総合的な検査へ進みます。

また、候補者は家族の既往歴に関しても、問診に回答しなければなりません。その回答を慎重に検討したのちに、医療スタッフがドナーとしての採用・不採用を決定します。 

顕微鏡でドナー精子の健康状態を検査するクリオスのラボのスタッフ

その後候補者は、HIV、B型肝炎、C型肝炎、クラミジア、淋病、梅毒、HTLVといった多種の感染症検査を受けます。さらに、遺伝性疾患についても広範囲に検査されます。 
クリオスには遺伝学分野の専門家チームがあり、遺伝性疾患や遺伝について幅広い知識を有しています。

現在当社で実施している検査では、46の遺伝性疾患が検出できます。何らかの遺伝性疾患が検出されれれば、その候補者は不採用となります。

精子ドナーの定期検査

こうしてドナー候補者が広範な精子ドナースクリーニングプログラムを通過するとようやく、クリオスのドナーとして承認されます。そののち、提供精子は精子ドナー検索でご注文いただけるようになります。しかし、検査はこれで終わりではありません。精子提供している期間、ずっと健康なことを確かめるために、ドナーは定期的に感染症検査を受けます。

ドナーの検査結果は閲覧可能

「精子ドナー検索」では、すべての利用可能なドナーの検査結果のレポートをご覧いただけます。このレポートは「記録の概要(SOR)」と呼ばれ、ドナーの検査結果が一覧表示されています。クリオスで精子をご注文いただくと、注文確認のメールにSORが添付され、発送品にも書類の写しが同封されます。 

しかし、どれだけ厳格なスクリーニングプログラムをもってしても、医学的な疾患を持つお子さまが生まれるリスクを完全に排除することはできません。どんな人でも、顕在化していない医学的な疾患を持っているため、ドナーに対してすべての医学的な疾患のスクリーニングを行うことはほぼ不可能なのです。

クリオスでは、可能な限り健康なドナーを確保するために、常にドナーのスクリーニングを改善するように努めています。当社のドナーはすべて、広範な身体検査、遺伝性疾患や感染症の検査、そして心理学的検査を通過しております。ですから、安心してクリオスのドナー精子を不妊治療にお使いいただけます。

精子ドナーの選び方についてご関心がありましたら、こちらのブログ記事もご覧ください。