不妊症に悩むカップル

    不妊症は一般的な問題で、妊娠を試みるカップルの約15%が子供を授かるための支援を必要としています(WHOによる)。このページでは、不妊症の問題が起こる原因のいくつかについて掲載しています。異性カップルとして不妊症に対処する方法に加え、子供を持つ夢を実現する方法に関してのアドバイスをさせていただいております。


    多くの人は、人生のある時点で親となる夢を持ちますが、一部の人は、その夢を実現するために助けを必要としています。調査によると、6組のうち約1組のカップルが不妊症に悩んでいることが分かっています。この問題は、多くの異なる要因により起こりますが、不妊症の約3分の1は、男性の精子の質に問題があることが原因とされています。幸いにも、子供を持つ夢を実現するための助けとして、今日では多くの選択肢が存在します。その選択肢のうちの一つが、精子ドナーを利用することです。不妊症に悩む異性カップルで、男性の精子の質に原因がある場合には、精子ドナーは解決策となります。

     

    ドナー精子を利用して子どもを持つことを考えている不妊カップル

    不妊症とは?

    WHOによると、カップルが妊娠の努力を1年間行っても妊娠に至らなかった場合、不妊症とみなされます。不妊症は、精子の質、あるいは女性生殖器の問題が原因で起こります。女性の不妊に最も一般的に見られる問題の一部として、無排卵症やPCOS(多嚢胞性卵巣症候群)、子宮内膜症があります。男性の不妊に最も一般的に見られる問題は、精子数減少で、健康な精子が十分につくられていないことにより、卵子を受精させることができないことをいいます。卵子を受精させるには精子が1匹いればいいのですが、確実に受精するために、精液に数百万の精子が含まれていなければなりません。大切なことは、不妊は、必ずしも人生を決めてしまう診断ではないということを知ることです。不妊に悩む多くの人々は、サポートを受けて子供を持つことができるのです。

     

    男性不妊の原因

    男性が、精子数減少や奇形精子症、無精子症になる原因がいくつかあります。例えば、精子数減少や無精子症は、不健康な生活習慣や遺伝性の疾病、ホルモン障害、ガン治療、過去の感染症による閉塞が原因で起こります。奇形精子症は、感染症や異常な睾丸(americanpregnancy.orgによる)により起こることがあります。男性不妊に関する正確な理由を知るために、その男性は健康診断を受ける必要があります。

     

    不妊症に対処する方法

    理由に関係なく、不妊に対処することは、カップルにとって極めて感情的に難しく、つらいことなのです。中には、自分の不妊について他人に話したくない方もいます。しかし、このような状態は、孤独感を覚える原因になることがあります。他人を引き込み、不妊について隠し立てせずに話すことは難しいことですが、6組のうち1組のカップルが人生で経験することを考慮すると、考えられているよりも一般的なことなのです。下記のTEDトークでは、自分たちでもコントロールすることが出来ない課題に対し、カミーユ・プレストンとご主人がどうのように対処したのかを聞くことができます。また、不妊の苦闘を乗り越えるために、良い友人がどれほど大切かについても語っています。

    ドナー精子を用いた不妊治療

    不妊の原因が精子の質である場合、家族を作るために、ドナー精子を利用することが解決策になるかもしれません。それ以外にも、養子縁組や共同育児などの選択肢もあります。ドナー精子を用いて不妊治療を行うことを選択する場合、父親と母親は二人揃って子供の親権を持つことができ、妊娠する女性と遺伝的につながっている子供が生まれます。子供と父親が同じ遺伝子を分かち合っていないという事実は、気持ちには影響することはないでしょう。他の家族と同じように、愛情を注ぎ、世話をして子供を育てるため、多少の手助けを受けて妊娠した子供であっても、自分の子供であることには変わりありません。

    精子提供によりドナーチャイルドの父親になったヨハンの感想を読む

     

    ドナー精子の利用 – 考慮すべきこと

    不妊治療のためにドナー精子を利用すると決心した場合、家族のために最適なドナーを選ぶ際、考慮すべき点がいくつかございます。クリオスでは基本プロフィールと詳細プロフィールのドナー、ならびに将来連絡を取ることが可能なドナーと連絡が取れないドナーのいずれからお選びいただけます。選択するにあたって、声や外見、情動知能について希望があるか、それともすべてを運に任せたいかについては、ご自分の気持ちを確認するとよいでしょう。そして、子供が18才になった時、ドナーと連絡を取れることを可能とする選択肢を望むのか、それとも望まないかについても考える必要があります。一部の国では、どちらを選ぶかについて、法律により定められております。必ず事前にお住まいの国の法律をご確認下さい。

    こちらでは、精子ドナーを選ぶときに考慮すべき事に関する詳しいご案内をご覧いただけます。

     

    ドナーを利用して子供を授かったカップルからの個人的なメッセージ

    クリオスは、新しい命の誕生のためにお手伝いすることができ、本当に嬉しく思っております。私たちは、ドナー精子を利用して、男性不妊を乗り越えるのをお手伝いさせていただいたカップルから、感謝の手紙やメールを多数受け取っており、下記で、心温まるメッセージの一部を紹介しております。こちらでは、幸せなご両親のメッセージをさらにご覧いただけます。

    主人と私は子どもを持つ日を長い間待ち望み、クリオスのおかげでついに子どもを持つことができました!副作用は色々ありましたが、妊娠は素晴らしい体験でした。とても感謝しています。息子のLouisは4.5か月になりましたが、今でも信じられません。本当に幸せです!この夢を実現させてくれたすべてのドナーの皆様に感謝しています。

    Benedicte
    イギリス

    2016年8月、男の子の赤ちゃんが私たちの人生に舞い降りてきました。それ以来私たちが感じている誇り、喜び、そして愛は筆舌に尽くし難いものです。この小さく、すでに個性のある子どもを抱きながら感じる無償の愛は、人生そのものよりもはるかに大きなものです!私たちはいつもドナーに感謝しています。私たちとは知り合いですらないのに、私たち(そして他の方々)が人生最高の贈り物をもらえるよう親身になってくれました。私たちはドナー自身とその家族のことをしっかりと説明したいです。2,3年経ってこの子が質問し始めた時に、正直に話せるようにしたいです。大事なことを言い忘れていましたが、クリオスの素晴らしいガイダンスのおかげですべてが可能となりました!皆さんに感謝します。

    Anna
    オランダ

    愛すべき家族を持てるようにしてくれたドナーとクリオスのおかげで、素晴らしい息子ができました。皆様に感謝です!

    匿名

    子供ができない問題を抱える仲間とつながる

    自分と同じ状況にある人と意見や経験を分かち合うことは、励みになることです。ですから、私たちのFacebookグループのファミリードリームス(Family Dreams)に参加することをお勧めします。不妊治療やドナー精子、親になるプロセスに関するあらゆる話題について、他の人と話し合うことができます。Facebookグループは、同じ目的を持った人とつがるために利用頂ける、心地よく友好的な場所となっています。

    オールアバウトファティリティ(All About Fertility)は、非営利オンラインプラットフォーム・フォーラムであり、クリオスがサポートしております。こちらでは、医師や科学者など不妊症の専門家が作成した記事やウェビナー動画をご覧いただけます。コンテンツは、男性と女性の両方の不妊問題について取り扱っています。