医療従事者精子について運動精子濃度と精子数

    運動精子濃度と精子数

    Cryosでは、MOT5からMOT30+までの精子ストローをお求めいただけます。ご希望に応じて、洗浄済みのIUI用ストローと無洗浄のICI用ストローのいずれかをお選びいただけます。


    こちらでは、CryosのMOT(運動精子濃度)システム、ストローのタイプ、そして、高品質を保証するためのラボでの精子の品質の決定方法についてご紹介しています。

      

    精子の品質を分析中のCryoのラボで働くスタッフ

    精子ストローのタイプ – MOT

    MOTは、1ミリリットルの精液に含まれる運動精子の数を示しています。Cryosでは、様々な運動精子濃度のストローを幅広く取り揃えており、お客様のご希望や実施する治療のタイプに対応しております。お客様やその患者様は、MOT5、MOT10、MOT20 そしてMOT30+の精子ストローをお求めいただけます。

    Cryosでお求めいただける精子ストローの大半には、0.5mlの精液が入っています。つまり、例えばMOT20の精子ストローをお求めいただいた場合、ストローを融解した後、少なくとも1本あたり1000万個の運動精子が含まれていることになります。一部のストローは0.4mlの精液を含んでおり、20%の割引が適用されます。

    お客様が特定のMOTをご希望されるケースもございます。運動精子濃度に関するガイダンスが必要な場合は、クリオスの推奨をご覧ください。

    IUI用精子ストローとICI用精子ストロー

    Cryosでは、IUI用ストローとICI用ストローをお求めいただけます。洗浄・調整済みですぐにIUIにご使用いただけるストローをご希望でしたら、IUI用ストローをご注文ください。お客様のクリニックにて治療前にストローの調整を行いたい場合には、無洗浄のICI用ストローをご注文ください。

    すべてのストローは、Irvine社とGynotec社の高品質な洗浄液、密度勾配液、凍結保存液を使用しております。


    品質を保つためには、ガイドラインに従って精子ストローを取り扱うことが大切です。こちらでは精子ストローの取扱い方法に関するガイドラインをご覧いただけます。


    精子の品質の決定方法

    • Cryosの全スタッフは、30年以上の経験に基づいて入念に開発された独自のトレーニングコースを受講し、手順を理解しております。これにより、すべてのラボで同レベルの高いスタンダードを維持することができます。
    • 検体を受け取りましたら、全ての射出液をストローに入れて凍結します。すべてのストローは液体窒素の中で保管し、使用までの間、マイナス196度の温度を保ち続けることができます。品質を決定するため、射出液毎に1本のストローを融解して分析します。この分析の結果によって、射出液のMOTが決まります。
    • 精子の品質は、WHO(世界保健機構)の基準値 第4版に従って決定しています。すべてのラボでは、CASA(コンピュータ支援精子分析)を用いて顕微鏡で精子の数を算定します。分析結果を決定するために、500個または5フレーム(最初に達成したほう)まで算出します。CASAでは、マニュアルで数えるよりも算定結果の一貫性を保つことができます。